腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|小胞体とリボソーム

小胞体とリボソーム|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

小胞体とリボソーム

2021/06/01

<生理学の基礎>

2.細胞の構造と働き

(5)小胞体とリボソーム

小胞体は細胞質内に網状に広がって存在する膜様の小器官です。表面にリボソームという小顆粒が並ぶ粗面小胞体と、これを持たない滑面小胞体とがあります。粗面小胞体のリボソームはタンパク質合成の場です。リボソームはrRNAとタンパク質からなります。滑面小胞体の作用は細胞によって異なります。例えば、肝細胞では物質の合成や分解に、筋細胞ではCa²⁺貯蔵に関与します。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP