腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|肩関節の運動(外転の第1相)

肩関節の運動(外転の第1相)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

肩関節の運動(外転の第1相)

2021/06/05

<運動器系・上肢>

2.上肢の運動

(1)肩関節の運動

外転の第1相

上腕骨が下垂した状態から水平位まで外転させる運動で、棘上筋と三角筋の2つの上肢帯筋の働きによります。下垂している上腕骨は、棘上筋によって外転が始動されます。ある程度外転すれば、強力な外転筋である三角筋によって外転運動が引き継がれます。棘上筋が麻痺しますと、外転の始動が困難です。また、三角筋による外転は水平位までで、それ以上は僧帽筋・前鋸筋の働きが必要です。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP