腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|DNAの構造

DNAの構造|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

DNAの構造

2021/05/26

<生理学の基礎>

1.生理学の特徴

(2)核

①DNAの構造

DNAは、リン酸と糖(デオキシリボース)と塩基からなりますヌクレオチドが鎖状につながった高分子化合物です。ヌクレオチドの鎖が2本向き合い、互いの塩基同士で結合して二重らせん構造を形成しています。DNAを構成します塩基には、アデニン(A)、グアニン(G)、チミン(T)、シトシン(C)の4種類があり、二重らせん構造を形成する際、対になる2個の塩基の結合は決まった組み合わせ(CとG、AとT)でのみ行われます。これを相補性と言います。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP