腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|核

核|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

2021/05/25

<生理学の基礎>

2.細胞の構造と働き

(2)核

核は一般に球形で、核膜に被われています。核膜には核膜孔があり、ここを物質が出入りします。核は通常1個または数個の核小体を含んでいます。核には個体の形質に関する全ての遺伝情報を持ったDNA(デオキシリボ核酸)が存在します。DNAは細胞増殖やタンパク質の合成に重要な役割を果たします。DNAはタンパク質と複合した染色質の形で核内に存在していますが、細胞分裂の際に凝集して染色体を形成します。人には46本の染色体があります。

注1:染色体

人の染色体は22対の常染色体(合計44本)と2本の性染色体の合計46本です。

注2:核小体

核小体はリポソーム合成する場です。

注3:真核細胞と原核細胞

核膜で被われた核を持つ細胞を真核細胞と言います。人の細胞はすべて真核細胞です。核膜を持たない細胞を原核細胞と言います。

 

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP