腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|生体の恒常性

生体の恒常性|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

生体の恒常性

2021/05/21

<生理学の基礎>

1.生理学の特徴

(2)生体の恒常性

生体を取り巻く環境は常に変化しています。生体を構成します器官系は、環境の変化に常に対応して、生体を構成する数多くの細胞にとって、最適な環境を作り上げます。

生体を構成する細胞を取り巻く細胞外液の物理的・化学的な性質、例えば、電解質組成、Ph、浸透圧、温度などは驚くほど安定に保たれています。細胞にとって環境である細胞外液の状態を内部環境と言います。生体の内部環境が安定に保たれる仕組みを内部環境の恒常性(ホメオスタシス)と言います。生体に備わっている多数のフィードバック調節機構によってホメオスタシスが保たれます。生体の持つホメオスタシス維持機構は生命現象の基本的概念です。 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP