腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|染色体の構造の異常

染色体の構造の異常|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

染色体の構造の異常

2021/05/18

<先天性異常>

3.染色体異常

(2)染色体の構造の異常

主に染色体の切断や融合によって、逆位、重複、転座などが生じます。このような構造の異常を伴うものに、第5染色体短腕を失った猫鳴き症候群や、慢性骨髄性白血病の細胞に第22番目の染色体に部分欠損を示す微小な染色体(ファラデルフィア染色体)が見出されます。

注:猫鳴き症候群

鳴き声が猫の叫びに似ているので命名されました。この鳴き声は咽頭不全形成によります。精神薄弱、小頭症、ダウン症候様顔貌が見られます。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP