腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|内腔の異常

内腔の異常|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

内腔の異常

2021/05/10

<先天性異常>

1.先天性異常総論

(2)奇形

④奇形の種類

e.内腔の異常

メッケルの憩室:憩室の言いますのは、胃腸管などの壁の側方へ突起状に膨らんでいるものを言います。回腸末端から約1m上部に生じます。糞便などが溜まって炎症を起こすことがあります。

頸嚢胞:胎生期には魚のえらに相当するものが頸部にでき、咽頭その他の原基となります。さい(魚へんに思うと書きます)溝と言われる隙間が側頸部に嚢胞として残ることがあります。

嚢胞腎:腎全体にわたって大小無数の嚢胞ができ、腎全体として大きくなります。尿細管形成の異常によるもので、最終的には腎不全の症状を起こします。

動脈管開存:ボタロー管とも言われますが、生後肺呼吸が始まると同時に閉塞する動脈で、肺動脈幹と大動脈弓部を連絡する短絡血管です。これが開いている状態で、全身奇形の15%前後を占めます。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP