腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|常染色体に基く奇形

常染色体に基く奇形|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

常染色体に基く奇形

2021/04/26

<先天性異常>

1.先天性異常総論

(2)奇形

①奇形の原因

a.染色体または遺伝子の異常

イ.常染色体異常に基く奇形

ダウン症候群が有名です。元は、イギリスの精神科医により蒙古人型の白痴(蒙古症)として記載されたもので、顔面骨の異常(短頭蓋)、つり目、手足の指の奇形、心中隔欠損と精神発達障害を伴います。90%以上に、染色体数が47で、21番目の常染色体が1個多いトリソミーを呈します。また、その他の染色体の異常も見られます。母親の年齢が進むとともに、発生率が上昇します。20歳代の母親では約2,000回の出産で1回でありますが、40~44歳では100回に1回、45歳以上では45回に1回というように急に増えますから、高年の出産はハイリスクです。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP