腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|上肢帯の筋

上肢帯の筋|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

上肢帯の筋

2021/04/24

<運動器系・上肢>

1.上肢の筋

(1)上肢帯の筋

上肢帯の骨から起こって上腕骨につき、主に肩関節の外転・内転と回旋を行って自由上肢を基部から動かします。支配神経はいずれも腕神経叢から分枝します。

三角筋以外の上肢帯筋は、主に平板状の肩甲骨を前後から挟んで起こり、それぞれ上腕骨につきますので、上腕骨の上部には筋の停止部が2カ所できます。即ち、肩甲骨前面の筋が肩関節の前方を通って停止する大結節です。特に肩甲骨後面の筋は発達して3種類に分布しますので、大結節は上腕骨後面まで拡大します。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP