腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|がんの初期像

がんの初期像|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

がんの初期像

2021/02/28

<腫瘍>

1.腫瘍の一般

(6)腫瘍の発生の諸段階

②がんの初期像

がんの初期には、発がんにした局所に留まっていて他へ進展しない時期があります。例えば、上皮内がんは、がんが上皮内に限局している状態です。その典型像は子宮頸部がんでみられ、皮膚、乳腺などもあります。

やがてこの時期から、がん細胞が横に広がり粘膜内に拡がっている場合は、粘膜がんと言います。粘膜がんは、しばらくしますと、基底膜を越えて粘膜下層へと浸潤します。ここまでの時期のがんを早期がんと言います。

早期がんは上記の如く、深達度によって決められています。例えば胃がんでは、内視鏡の所見と相まって、胃がんの診断・治療・予後を決めるうえでのよりどころとなっています。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP