腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|梅毒②

梅毒②|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

梅毒②

2021/02/12

<炎症>

2.炎症の分類

(4)特異性炎

②梅毒

◎第2期

感染後3カ月し、病原スピロヘータがリンパ腺から血液中に入り、全身各臓器に侵入する時期で、特に皮膚に色々な形の梅毒疹を作ります。

◎第3期

あらゆる臓器組織を侵す臓器梅毒期で、ゴム腫及びびまん性間質性増殖性炎の形を取ります。組織学的に、初めてこの期になってから特徴が出てきます。びまん性間質性炎は強い瘢痕を残して治癒しますので、色々な臓器に強い変形を来し、また、実質の著しい萎縮を来します。例えば、鞍鼻は鼻の骨軟骨炎の後の瘢痕収縮の結果であり、睾丸でも強い線維化が見られ、精細管の強い萎縮を来します。また、大動脈を侵し、梅毒性大動脈中膜炎と言われます。大動脈瘤の元になります。また、中枢神経も侵され、脳梅毒変化による麻痺性痴呆や脊髄癆を起こしてきます。

梅毒はさらに、母体から胎児に感染し、先天梅毒が引き起こされ、しばしば流産の原因となります。

注:大動脈瘤

大動脈の壁がこぶ状に外方へ膨らむ病気で、大動脈の動脈硬化症、梅毒性変化、変形などで、血圧に対し壁の抵抗が弱くなった結果で起こります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP