腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|梅毒①

梅毒①|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

梅毒①

2021/02/11

<炎症>

2.炎症の分類

(4)特異性炎

②梅毒

梅毒は、トレボネマ・バリズムというスピロヘータの感染により起こされ、不潔な性交による場合が大部分であります。梅毒には、結核に似た類上皮細胞からなります特有な肉芽腫型(ゴム腫)と、リンパ球や形質細胞の浸潤が臓器の間質にびまん性に起こる型(びまん性間質性炎)とがあります。梅毒は、感染からの時期によって、下記のような病期に分けられます。

◎第1期

感染の機会があってから約3週間前後の潜伏期の後、感染局所に平坦な丘疹ができ、その部が少し硬くなります。これを初期硬結と言います。後で浅い潰瘍ができ、硬性下疳と言います。同時に鼠径部リンパ節が無痛性の腫脹を起こします。これを無痛性横げん(やまいだれに玄と書きます)または「よこね」とも言います。この病変は発病後3カ月で終わります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP