腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|漿液性炎

漿液性炎|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

漿液性炎

2021/01/28

<炎症>

2.炎症の分類

(1)漿液性炎

炎症性滲出物が、痰黄色、透明、細胞成分に乏しく、線維素成分をほとんど含まないものです。結合組織の中にこの滲出が起きますと、炎症性浮腫となり、表皮間ないし表皮下に溜まるのが熱湯の水泡や擦過によります「マメ」などです。胸腔、腹腔や関節腔に起きますと、漿液性の胸膜炎、腹膜炎、関節炎などと呼ばれます。粘膜面に漿液性炎症が起き、漿液が流れ出る状態はカタルと言われ、風邪などのカタル性鼻炎があります。コレラの場合も、大量の水様便が排出されるのが特徴ですが、これは病原体のコレラ菌が腸内腔で繁殖し、粘膜上皮の透過性を増強して、大量の水とミネラルを血漿成分と共に腔内に放出されるからです。

漿液性炎は、ウイルス・細菌によってもたらされますが、組織の損失を伴わないので、治癒する場合はほとんど痕跡を残しません。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP