腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|炎症の経過

炎症の経過|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

炎症の経過

2021/01/25

<炎症>

1.炎症の一般

(3)炎症の経過

炎症の経過は、その原因となる障害因子と、生体のおかれている内部環境の差との組み合わせで、個々の症例で全く千差万別です。

時期的には、急性、亜急性、亜慢性、慢性、治癒期などの移り変わりを辿り、軽度から中等度・高度・致死的までの症状を示します。しかも炎症という現象は、病原細菌を例に取れば、細菌の攻撃力と生体の防衛能との戦いでありますから、そのバランスの働きで絶えず流動しながら経過します。時期的にも、炎症の強度と個体の反応相により、必ずしも一定の組織像を示すとは限らず、違った時期のものが混在しているのが普通です。しかし、大まかに言って、滲出は急性の時期に相当し、増殖は慢性または亜慢性期に相当すると考えてよいです。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP