腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|下肢の関節(足弓)

下肢の関節(足弓)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

下肢の関節(足弓)

2021/01/16

<運動器系・全身の骨格>

4.下肢の骨格

(3)下肢の関節

⑨足弓

小さな骨からなる足の骨格は、互いに強く結合されて体重を支えます。それと同時に、足の骨はアーチ型に配列していて、クッションのように足が地面に着く時の衝撃を分散・緩和・吸収します。そのアーチを足弓と言い、直立二足歩行を支える人間の足に適した形態です。3種類あり、縦に走る2つの縦足弓(内側・外側縦足弓)と横足弓があります。

足弓を成立させる足根骨と配置としては、距骨は踵骨の上に乗り、舟状骨や内側・中間・外側楔状骨も距骨と共に持ち上がって「土踏まず」を作ります。踵から中足骨頭の間で、足の内側半分(踵骨-距骨-舟状骨-内側・中間・外側楔状骨-第1~3中足骨)は、「土踏まず」を含む大きな内側縦足弓を成します。一方、足の外側半分(踵骨-立方骨ー第4・5中足骨)は低いアーチの外側縦足弓を作ります。

足弓は、骨・靭帯・筋の作用によって形成維持されます。靭帯は特に足底で強固に張って、足弓に重力が加わっもアーチが広がって、つぶれないようにしています。また、下腿の筋は長い腱を足弓の下に付着させアーチを上方に牽引することで足弓を維持します。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP