腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|自由下肢の骨(下腿の骨:脛骨)

自由下肢の骨(下腿の骨:脛骨)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

自由下肢の骨(下腿の骨:脛骨)

2021/01/03

<運動器系・全身の骨格>

4.下腿の骨格

(2)自由下肢の骨

③下腿の骨

イ.脛骨

脛骨は、下腿の内側にあります長く丈夫な長骨で、大腿骨と共に体重を支えます。

脛骨の上端は肥厚し、左右両側に広がって内側顆と外側顆になります。その上面は平坦で、中央に突出した顆間隆起の両側に2つの関節面を作つて大腿骨の内側顆・外側顆と関節します。2つの関節面の間に出る顆間隆起には、膝関節内の膝十字靭帯のほか、内側・外側半月が付着します。脛骨上部の前面では、大腿四頭筋の停止腱であります膝蓋靭帯がつく脛骨粗面があって、体表から容易に触れます。

頸骨の骨幹部は三角柱状の脛骨体です。その前縁は脛骨粗面から下方に続く稜線として体表から触れます。前縁よりも内側に触れるのが脛骨内側面です。特に前線は「弁慶の泣き所」として知られます。薄い皮膚の直下に敏感な感覚の骨膜があるため、打撲しますと非常に痛いです。また、外側にあります骨間縁には、腓骨との間に張る下腿骨間膜の付着があります。

脛骨の下端は四角柱状で、内側には内果が突出して、体表からよく観察できます。外側面には、骨間縁から続きます腓骨切痕という三角形の窪みがあり、靭帯を介して腓骨と結合します(脛腓靭帯結合)。脛骨の下面には、足根骨(距骨)と距腿関節を成します内果関節面と下関節面があります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP