腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|下肢帯の骨(寛骨:腸骨)

下肢帯の骨(寛骨:腸骨)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

下肢帯の骨(寛骨:腸骨)

2020/12/28

<運動器系・全身の骨格>

4.下肢の骨格

(1)下肢帯の骨

①寛骨

イ.腸骨

腸骨は、寛骨臼上部からさらに上方へ扇状に広がった骨で、内面と外面から筋に挟まれます。

腸骨の内面は腹壁の下縁を成して、中央に腸骨窩があり、腸を受け止めます。腸骨窩には股関節を屈曲させる腸骨筋がつきます。腸骨窩の後方には、「くの字型」をした耳状面があり、仙骨と関節します。腸骨の外面は、3層の殿筋群が付着する殿筋面です。各殿筋の付着部には前・後・下殿筋線が走ります。

腸骨の外側上縁は、広く肥厚して腸骨稜となり、体表から明瞭に触れます。腸骨稜には、腹筋などが付着しますので、この稜は腹部と臀部の境界線にもなります。

腸骨稜の前端は上前腸骨棘で、体表の重要な基点となるほか、鼠径靭帯の外側端が付着します。この下方には、下前腸骨棘があります。

因みに、当院の基本施療であります「BRM療法」での骨盤矯正時に、歪みを検査しますが、その際必ず触診するのが「上前腸骨棘」です。また、伏臥位で検査する場合は、「腸骨稜」を触診します。

腸骨稜の後端には上後腸骨稜があり、この部に一致して皮膚に窪みを見ます(ビーナスのえくぼ)。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP