腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|肥大と増殖(増殖)

肥大と増殖(増殖)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

肥大と増殖(増殖)

2020/12/28

<肥大と増殖>

2.増殖

増殖は、外からあるいは内から、増殖刺激によって起こる反応で、刺激がなくなれば元に復する可逆性の場合が多いです。その点、進行性に自己増殖する腫瘍とは自ら区別されます。

例を挙げますと、高山生活者など酸素分圧の低い環境では、酸素要求に応じて骨髄で赤芽球が刺激され、多血球症現れます。また、急性感染症で骨髄に顆粒球の増加が起こります。

内分泌系では、相互干渉的に働いてバランスの取れているものが破綻しますと、どちらかの器官に増殖が起こります。去勢後の下垂体ゴナドトロピン細胞の増殖とか、ヨード欠乏による甲状腺過形成などがあります。その他、糖尿病の母親から生まれた子供には、母親のインスリンを補うための膵島の過形成が見られます。しかし、高年男子に多発します前立腺肥大、女性の乳腺症や子宮内膜増殖症など、必ずしも因果関係のはっきりしない増殖もあります。

注1:前立腺肥大

70歳以上の男子に好発する病態で、前立腺の内側外分泌腺が増殖し、尿道の入口および前立腺内尿道部分を圧迫するため、尿の出方が悪くなります。性ホルモンの不均衡によるとされています。

注2:乳腺症

中年期女性に見られる乳腺の腺房の異常増殖です。増殖した腺管は、嚢胞状に拡張したり、周囲の線維増生に圧迫されたり、上皮がアポクリン化生を起こしたりします。原因は、女性ホルモンの不均衡によると考えられています。

注3:子宮内膜増殖症

子宮内膜腺が増殖し、嚢胞状に拡張したり、上皮の過形成が見られます。間質に出血を伴いやすいです。ホルモンのアンバランスによると考えられます。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP