腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|筋系(筋の形)

筋系(筋の形)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

筋系(筋の形)

2020/11/02

<筋系>

2.筋の形

靭帯には色々な形をした筋があり、一般に本などでよく見ます両端が腱となっている紡錘形のものはそれほど多くありません。付着部が長く広い筋は全体に広い膜状になりますし(僧帽筋、菱形筋)、複数の肋骨に付着します筋も全体として膜状になります(前鋸筋、外腹斜筋)。

起始または停止が2つ以上分れる筋があり、起始の場合は二頭筋などと言う名称がつきます。腱を持つ筋では、腱でない部分を筋腹といいのすが、これを横切るように中間腱のある筋があります(二腹筋)。腹直筋では中間腱が3ないし4本みられ、特に腱画といいます。脊柱の両側にある深背筋の多くは起始も停止も多数あり、多数の小さな筋の集合を1つの筋とみなしています。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP