腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|言語

言語|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

言語

2020/10/27

<言語>

医療面接の際、患者の発声や会話の特徴についても注意します。口蓋裂によって鼻腔と口腔が連絡した状態では、鼻声となります。声帯ポリープなどによる声帯の病変や、下咽頭神経(反回神経)麻痺による声帯麻痺の時には、声はしわがれたようなかすれた声となり、嗄声(させい)といいます。また、会話では精神状態によって内容に特徴があります。例えば、抑うつ状態では、小声でぼそぼそと話し、逆に躁状態では、大声で活発に話したりします。

言語の理解や発語が困難であったり、不可能になっている場合を言語障害といいます。言語障害には、言語を発するための器官に異常があって起こる構音障害と、言語中枢の障害が原因になる失語症とがあります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP