腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|新型コロナウイルスの感染を予防するために注意することはありますか。心配な場合には、どのように対応すればよいですか。

新型コロナウイルスの感染を予防するために注意することはありますか。心配な場合には、どのように対応すればよいですか。|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 新型コロナウイルスの感染を予防するために注意することはありますか。心配な場合には、どのように対応すればよいですか。

新型コロナウイルスの感染を予防するために注意することはありますか。心配な場合には、どのように対応すればよいですか。

2020/10/18

感染を予防するするためには、基本的な感染予防の実施や不要不急の外出の自粛、「3つの密」を避けること等が重要です。

これまでに国内で感染が確認された方のうち、重症・軽症に関わらず約80%の方は、他の人に感染させていない方で、一定の条件を満たす場所において、一人の感染者が複数人に感染させた事例が報告されています。

集団感染が生じた場の共通点を踏まえますと、特に、

①密閉空間(換気の悪い密閉空間である)

②密集場所(多くの人が密集している)

③密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や共同行為が行われている)

という3つの条件のある場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられています。

また、これ以外の場であっても、人込みや近距離での会話、地区に大きな声を出すことや歌うことにはリスクが存在すると考えられています。激しい呼気や大きな声を伴う運動についても感染リスクがある可能性が指摘されています。多くの場合、ライブハウス、スポーツジム、医療機関、さらに最近になって繁華街の接待を伴う飲食店におけるクラスターでの感染拡大が指摘されています。

なお、喫煙に関しましては

・本年4月から、望まない受動喫煙を防止するための改正健康増進法が全面施行され、原則屋内禁煙となっています。事業者は、屋外喫煙所や屋内の喫煙専用室を設けることも可能ですが、これらの場所では距離が近づかざるを得ない場合があるため、会話や、携帯電話による通話を慎むようお願いします。

・また、WHOのステートメントによれば、WHOが2020年4月29日に招集した専門家によるレビューにおいて、喫煙者は非喫煙者と比較して新型コロナウイルスへの感染で重症となる可能性が高いことが明らかになったことなどが報告されています。

新型コロナウイルスの感染症は、一般的な状況における感染経路の中心は、飛沫感染及び接触感染ですが、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話するなどの一定の環境下であれば、咳やくしゃみなどの症状がなくとも感染を拡大させるリスクがあるとされています。また、無症状の者からの感染の可能性も指摘されており、油断は禁物です。

人と人との距離を取ること、外出時はマスクを着用する、家の中でも咳エチケットを心掛ける、さらに家やオフィスの換気を十分にする、十分な睡眠などで自己の健康管理をしっかりすることで、自己のみならず、他人への感染を回避するとともに、他人に感染させないように徹底することが必要です。

これらの状況を踏まえ、「3つの密、の回避、マスクの着用、石鹸による手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒の励行などをお願いします。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP