腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|記録の目的と内容

記録の目的と内容|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

記録の目的と内容

2020/08/23

診察で得られた所見は、専門的な見地から客観的に正しく評価し、その都度診察録(予診票、カルテなど)に記録しておくことです。お客さまの自覚症状や他覚的所見は、時間の経過とともに、あるいは治療によって変化します。初診時に認められた症状・所見が改善して消失したり、経過とともに新しい所見が出現したりします。これらの変化を的確に把握し、治療の指針にする必要があります。

このため、診察録には、要領よく、正確に記録することが重要です。後から見直すこともしばしばあり、簡潔に整理しておくことです。診察録は他の医療スタッフが見ることも多く、わかりやすく、見やすい時で記載します。

診察録は、対象となるお客さまによって様式が異なりますが、記載漏れのないよう、一定の方式で記録することが望ましいです。診察録は診察の所見だけではなく、診断、治療内容、治療後の経過などについても整理して記録しておきます。

お客さまやその家族へ説明した内容、あるいはインフォームド・コンセントも記載しておきます。診察録は、お客さまの疾患に関する重要な記録として大切に保存します。また、お客さまのプライバシーを侵害することがないよう、関係者以外にその内容を決して漏らさないよう、十分な配慮が必要です。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP