腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|自覚症状とは

自覚症状とは|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

自覚症状とは

2020/08/16

自覚症状は、患者が訴える症状のことです。頭痛、腹痛、関節痛、筋肉痛、食欲不振、倦怠感など様々なものがあります。

これらの自覚症状のうち、最も患者にとって重要で、医療機関を訪れる切っ掛けになったものを「主訴」といいます。上訴は単一のことも、複数ある場合もあります。

自覚症状の訴え方は、たとえ同じ疾患であっても、個人によってまちまちであることが多いです。

例えば、急性心筋梗塞のような重症の疾患であっても、単に「胸が気持ち悪い」といった程度のことしか訴えない患者もいます。一般に我慢強い人ほど自覚症状が乏しいです。この場合には、真の自覚症状を見逃さないよう、医療従事者が慎重に判断しなければなりません。

逆に、神経質な人は、重症ではない疾患であっても、症状をことさらに強く訴えたりします。過換気症候群のお客さまでは、「今にも息が止まってしまうのではないか」と心配し、返って症状が悪化したりします。このような場合にも、お客さまの訴えを軽視したり、無視するのではなく、自覚症状をよく聞いたうえで丁寧に診察し、客観的に評価を行うことが大切です。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP