腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|事故と救急処置(吐かせてはいけない場合)

事故と救急処置(吐かせてはいけない場合)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

事故と救急処置(吐かせてはいけない場合)

2020/06/10

・6カ月未満の乳児

嘔吐反射が発達していませんので、喉を刺激しても吐きません。

・けいれんを起こしている時、意識がはっきりしていない時

吐物で窒息したり、肺に入ったりします。

・強い酸性のもの(トイレクリーナーなど)やアルカリ性のもの(漂白剤など)

粘膜を傷つける性質があり、吐かせると返っていや食道の粘膜のただれを酷くします。

・ガソリンや灯油、シンナーなどの揮発性物質、

揮発性の強いものは、吐きますと肺に入りやすく、肺炎などを起こします。

・鋭い固形物を飲んだ時

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP