腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|事故と救急処置(上手な吐かせ方)

事故と救急処置(上手な吐かせ方)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

事故と救急処置(上手な吐かせ方)

2020/06/09

水を飲ませるのは毒物などを薄めるためで、牛乳を飲ませるのは食道や胃の粘膜を保護するためです。

①まず水か牛乳を体重1㎏につき10ml(体重10㎏ですとコップ約半分)くらい飲ませます。

②暴れて飲まない場合は、毛布などで身体をくるんで、手足が動かないようにしてから、鼻をつまんで口を開かせ、やかんなどで飲ませます。

③飲ませましたら顔を横に向け、喉の奥に指やスプーンの柄などを入れて、喉を刺激します。

④それでも吐かない場合は、嘔吐剤の吐根シロップを飲ませます。

6~12カ月の乳児は、5~10mlの吐根シロップと体重1㎏当たり15ml(体重㎏ですとコップ半分)の水、1~12歳では15mlの吐根シロップと24ml(体重10㎏ですとコップ1杯半)の水を飲ませますと、20分くらいで自然に吐き出します。

嘔吐剤の吐根シロップは、万が一のため家庭に常備しておくと良いでしょう。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP