腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「まめ」ということ

「まめ」ということ|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「まめ」ということ

2020/03/13

我が国では、昔から健康のことを「まめ」と言っています(「大言海」「広辞苑」など)。

これは、豆がコロコロと転がるように、心と身体へ、身体から心へと、引っ掛からずに動いて行くことを言います。

つまり、心と身体が「1つ」になって転がっていく姿であって、仏教でいう「身心一如」を和らげて、日本語で表したものと思われます(身心一如とは、人の生命の真の姿であり、健康そのものを表現しています。因みに、禅では「身心一如」と、身を上に書きます)。

この「まめ」は、「まめに働く」と言えば、「健康でよく働く」ということのほかに、「骨惜しみない」「忠実に働く」と言う意味を持つています。

「まめ」とは、

①真心があること‥真面目、誠、真実、誠実

②苦労をいとわず、よく勤め、よく働くこと

③身体の健全なこと‥達者、息災(病気でないこと)

と、辞書には書いてあります。

つまり、「まめ」には、身体が丈夫でよく働く、病気でない、ということの他に、心も正しく、真面目で、しっかりしているということを意味しています。

これを封建時代の健康観だ、と言うかも知れませんが、自分のなすべき職務を、心と身体を一つにして、ちゃんと遂行していくこと、これこそが「働かざる者は食うべからず」(この「べからず」は、不可能の意味で、即ち働かなければ生きて行かれない、という現代社会の要請です)。

そして、それが「苦にならず」スムーズに実行できることは、今日の言い方では、機能的、能率的に仕事ができること、と考えれば、この「まめ」なことは、健康の定義としても、理に適っています。

また、まめ(豆)のように、コロコロ転がっていくことは、他の人や物にぶつからないで、社会環境に調和していく様であるとも見られます。

こうなりますと、WHO憲章の健康の定義と、同じことを言っていることにもなります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP