腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|恐ろしい現代病について

恐ろしい現代病について|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

恐ろしい現代病について

2020/02/10

今日の生活は、どぎついニュース、ご馳走や欲しいもののCMなどに囲まれています。

しかし、あまり見ない、気にしない、ということによつて、タンタロス・ステートによるストレスの渦に巻き込まれなくて済むわけです。

「心頭を滅却すれば、火もまた涼し」で、気をしっかり持つことが必要であります。

ですが、普通の人は、刺激を与えますと、自ら求めてその刺激を受け入れようとします。

それが満たされないと、、余計欲求が募り、感受性が高まって過激になります。

この状態が長く続きますと、神経・ホルモンのバランスが乱れ、ノイローゼやストレス病を起こすことになります。

刺激に対する感受性が高まりますと、頭の中で葛藤が起こります。

例えば、遊びに行きたい、遊びに行ってはいけない、という2つの考えが頭の中で、空回りするのです。

葛藤が起こっている内は、まだ、ノイローゼではありませんが、これが条件反射となって、間脳(感情の座)に回路ができますと、ムシャクシャが起こって、思うこととすることが食い違って、何事も思うようにならず、ノイローゼやヒステリー(感情障害)を起こすことになります。

それが、さらに酷くなりますと、間脳の働きがマヒして、「失感情症」という、これまでなかった新しい型の神経障害を起こすこともあります。

この失感情症(人間の脳では、知性の座の状態では、知性の手綱を離れた感情は、「顔色一つ変えないで人を殺してしまう」といった「近道反応」(短絡反応)として、表面化するか、内臓の働きを攪乱して、心身症(自律神経失調症あるいは胃潰瘍、高血圧症など))の発病を促すと言います。

これに対しては、知的な精神分析療法(心身医学療法)だけでは効果がなく、精神生理学の研究の進歩によって、前述しましたように、東洋的な行法(ヨガ、坐禅、瞑想)による「セルフ・コントロール法」が、世界的に用いられ始めました。

これこそ、失感情症を生み出すような脳のひずみを治し、まろやかな人間性の回復を通じて、心身の健全を促すのに効果があるものです。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP