腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「電話は現代の殺人機械である」

「電話は現代の殺人機械である」|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「電話は現代の殺人機械である」

2020/02/07

今日の文明社会は、機会に見られるように、狭い地域に多くの人々が住み、人込みをかき分けて誰もが忙しく動き回っています。

交通のラッシュ、通信の錯綜、騒音や雑音の中の職場、流れ作業の工場では、長時間、いやでも、精神的にも肉体的にも、強制を受けます。

情緒や感情に逆らう作業、単調な仕事の繰り返し、精神集中を強いられる作業、責任を負わされる仕事、昼夜の生命のリズムに反して行われる夜間作業など‥現代の産業形態は、全て「ストレス」を起こす刺激として我々の心や身体の健康を阻害するのです。

町中では、道を歩いていても、自動車は恐ろしいスピードで傍らをすり抜けていきます。

団地では、隣の人も知らん顔、しかも、あらぬうわさや、ときには「流語蜚語」までが飛び交い、人間関係は複雑、怪奇です。

テレビやラジオも、ショッキングな情報を流しっぱなしです。

ことに電話の発達は、無断で飛び込んできては、個人の生活をかき乱し、精神集中を妨害し、仕事を中断させます。

イギリスのベネット博士は「電話は現代の殺人機械である」と結論付けていますが、経営者で電話に立って、心臓や脳の卒中で倒れる場合の多いことを取り上げています。

ことに、夜の電話は、家庭の団欒や休息を妨げますし、夜中の急用はショックを起こします。

このような対人関係の強い情緒的な刺激は、一般に強いストレスを起こします。

そのために、夜になりますと、気が落ち着かなくなり、喘息の発作を起こしたり、不眠を訴えることにもなります。

電話を「枕」に選挙を指図していて、倒れた政治家もいます。

また、夜勤の電話交換嬢などには、心臓を悪くしたり、血圧の高くなる「夜勤病」というのもあります。

不規則な生活で夜遅くまで起きているため、生命のリズムが狂い、これもストレスになるわけです。

また、人口の過剰も、強いストレスを起こします。

アメリカのクリスチャン博士は、ネズミで実験しましたが、ネズミを一籠あたり、1匹、4匹、8匹、16匹、32匹に区分して飼育した後で、ネズミの各臓器を調べたところ、1籠内のネズミの数の多いほど、副腎皮質が肥大していた(つまり、ストレスを受けた)ことが分かりました。

そして、1籠内の匹数が多い(人口密度の高い)ほど、体重の減り方も激しく、また、個体同士の認識が失われ、秩序が乱れ、社会性が破壊されて行くということも見られました。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP