腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|第1中足骨とは

第1中足骨とは|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

第1中足骨とは

2020/02/05

長くて細い第2~5中足骨と異なり、第1中足骨は短く、がっしりしています。

その背側と内側は浅在性で、容易にアクセスできます。

底面はいくつかの厚い筋肉の深部に存在します。

第1中足骨の近位先端は朝顔形に開いて、内側楔状骨に接合します。

この関節は、多くの場合きつい靴を履いたとき炎症を起こす、足の上で視認できる稜を形成します。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP