腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|欲求との「上手な付き合い」が鍵

欲求との「上手な付き合い」が鍵|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

欲求との「上手な付き合い」が鍵

2020/01/31

50代に入りますと、定年が目の前に迫ってきます。

60になりますと、昔から「還暦の祝い」をします。

これは、「人生は、一巻の終り」(人生はただ一度の招待であり、普通一巻しかありません)です。

赤いちゃんちゃんこなどを着て、踊ったりするどころではありません。

グリムの童話でも、「60からは猿の人生」‥赤い着物を着せられて、ヒモを付けられ、猿芝居を演じます。

人間生活の第一線から引退して、顔役になるのがいいところです。

肉体的に見ても、皮膚のシワは深くなり、シミもでき、手足の関節もぎこちなくなり、真の老化が始まるのです。

寿命も延長し、インフレは加速され、しかも核家族化の進む今日、先のことを考えますと、退職金や年金だけでは、おちおち眠れなくなるでしょう。

「病気は苦しいもの」と言いますが、病的変化それ自身の苦痛よりも、「病気が悪くなって、もし死んだら」と考えることが遥かに大きな苦痛です。

がんの苦痛と言いますが、これも、死への不安が、苦痛なのであり、不安におののく苦悩なのです。

昔からの「安楽死」(今日の「植物人間」にたいする「安楽死」とは意味が違います)を願うのも、「ぽっくり寺信仰」も、「死ぬまでの苦悩」から逃れたいからであろうと思われます。

心の不安が、肉体に影響を及ぼすのは、「心を持つ動物」の特徴です。

欲求不満も、心の健康の大敵です。

ギリシャ神話に、「タンタロス状態」というのがあります。

タンタロスが罪を犯して、首だけ出して全身を地中に埋められました。

腹が空いてきたころ、ご馳走が目の前に現れ近づいてきます。

首を伸ばして食べようとしますが届かない。

やっと届きかけると遠のいていきます。

これを、繰り返している内に、ついに「気が変」になるというのです。

今日の人々は、このような状態に、多かれ少なかれ置かれています。

マスコミのCMで欲しいものを目の前につきつけます‥おびただしい情報が、欲望を募らせ、不安を掻き立てます。

ここに、心の健康は乱され、、ノイローゼのような「心の病気」や、精神病も起こるわけです。

ノイローゼは精神病(幻覚があり、病気だという意識がありません)ではないと精神医学では言いますが、とてつもない行動に走り、事故や大事を引き起こすことが、この頃とみに多くなったことから考えますと、いわゆるノイローゼこそ最も重要な社会問題でなければなりません。

人生の内で、精神障害(精神病も含めて)の最も起こりやすいのは、初老期と思春期でありますが、心の健康のためにとりわけ重要なのは、欲求を募らせ、欲求不満を起こす原因を、自他ともに取り除くことであります。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP