腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|ストレスから起こる胃がん

ストレスから起こる胃がん|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

ストレスから起こる胃がん

2020/01/28

「朝はどうも食欲がない」「食後に胃がもたれる」という人が多いです。

また、「急に食嗜好が変わった」「お腹がすくと胃の辺りがしくしくする」「いくら食べても、スカスカして落ち着かない」などという人もいます。

このような訴えは、胃が悪い時に起こるもので、医者は、慢性胃炎、胃潰瘍という診断をするでしょう。

その原因は、これまでは大抵食べ過ぎ、飲み過ぎであって、10代、20代の人に多かったです。

ところが、最近の胃の不調は、30代から多くなるのです。

段々と責任のある地位に就いて、心を労することが多くなりますと、始まってきます。

これは、宴会で美食し、つい食べ過ぎ、飲み過ぎるということにもよるでしょうが、実は、精神的に緊張を続けることが、その主な原因なのです。

ですから、飲食を慎んだだけでは、なかなか治りません。

タクシーの運転手などに、胃の不調を訴える人が多いですが、この人たちは、食べるものもろくに食べないで、働きまわっているので、食べ過ぎが原因でないことは明らかです。

では食事の時間が不規則だからとも考えられますが、食事をきちんと摂っても、胃の調子が良くならないのですから、そうではありません。

新聞や雑誌、ラジオやテレビのような、時間に迫られる仕事をする人にも、胃の悪い人が多いですが、一般のビジネスマンにも少なくありません。

日本では、ストレスが多いうえに、不規則な生活、食生活の偏り‥白米や白いパンを食べ、肉や魚を摂り、野菜は少ないが全般的にカロリー過多‥ということが加わっています。

このようなことが、日本を世界一の胃病の国にしていると言われています。

では、胃がんにならないためにはどうすればよいか。

先ず胃を悪くしないようにします。

美食、過食、過飲、食事の不規則を避け、特に40代の人は、感情を豊かに持ち、精神的な緊張の後には、ストレスを開放するように努めることが必要です。

しかし、「がんで亡くならない」ためには、早く見つけて、早く治療することが肝心です。

胃がんは大抵が治ります。

がんはもはや医学の進歩等により「死神の矢」ではなくなったのです。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP