腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「早期発見、早期治療」が治癒の決め手

「早期発見、早期治療」が治癒の決め手|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「早期発見、早期治療」が治癒の決め手

2020/01/20

がんも、長い間潜行してから、病変として形に現れてくるものですが、これを早期に発見、治療すれば、胃がんなどでも、完全に治せるようになりました。

ですから、がんではないかと心配していないで、思い立ったらすぐ検査をしてもらうことです。

胃カメラなど、日本では大いに進歩していて、極めて初期の病変もキャッチできます。

「早期発見、早期治療」という言葉は、がんのためにある、というべきでしょう。

しかし、心配ばかりしていて、がんと言う言葉を聞くのも嫌だ、という「がんノイローゼ」の人が少なくないのは、どうしたことでしょうか。

がんで死ぬ人は確かに多いです。

新聞の死亡欄を見ますと、有名な人が毎日のようにがんで死んでいます。

その中には、がんの名医と言われた人もいます。

肺がん、胃がん、肝臓がん、大腸がん(直腸がん含む)、膵臓がん、それに性器がん(子宮がん、乳がん、前立腺がん)で、2017年には37万人もの人が亡くなっているのです。

日本人では、最も多いのが、男性が肺がん、女性が大腸がんで、男女計でも1位が肺がん、2位が大腸がんです。

因みに、胃がんは第3位です。

欧米でも、肺がんが最も多く、性器がんも多いようです。

肺がんは、タバコに関係あると言いますが、スモッグや自動車の排気ガスなどにも、関係があると言われています。

がんの原因は、肺がんでもそうですが、色々な原因が絡み合っているらしいです。

男女計3位の胃がんでは、原因は一層込み入っていて、まだよくわからないとのことですが、日本人が大食すること、ことに白米の大食で、胃袋をいつも膨らましていることと、無関係ではないとも言われています。

そして、若いときから、胃が悪い(胃酸過多症、胃潰瘍、食欲不振など)こと、特に慢性の胃炎(萎縮性胃炎)で、胃袋が伸び切った風船のようになっている人に、胃がんが非常にしばしば起こるということが知られています。

そこで、この慢性萎縮性胃炎のことを「前がん状態」と呼ぶ人もいます。

がんは、「早期発見、早期治療」といつて、早く見つけて治療すれば、治せるようになってきています。

早く発見すると言いましても、がんと分かってからでは、手遅れのことも多いです。

少しでもおかしいと思ったら、すぐに検査することを習慣付けることです。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP