腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|仕事も食事も「腹八分」に②

仕事も食事も「腹八分」に②|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

仕事も食事も「腹八分」に②

2020/01/02

身体が異常なほど太り、これではいけないと気付いたとき、慌てて「老化防止剤」、ビタミン剤、ホルモン剤、自然食品の色々なものに飛びつきます。

そこで、彼は安心します。

そして、また飲む、打つ、買うのです。

彼の身体は、ますます脂肪が溜まり、ちょっと動いても、心臓はドキドキします。

このようにして、自らを加速度的に老化させ、確実に墓穴へ追い込んでいくことになります。

「英雄色を好む」と言いますが、中年になりますと、誰でも欲望が募ってくる傾向にあります。

それは、40歳になりますと、性の肉体的能力は減退するものでありますが、その代償として、「目が肥えてくる」からです。

また、不如意になってくることもあり、気が立って(欲望は募り)、ますます不満が残ります。

そした、この不満がさらに欲望を募らすことになります。

これが酷くなりますと、ついには、いわゆる「女たらし」を自慢するようになります。

これは「ドン・ファン神経症」と呼ばれ、性医学者キャブリオ博士によりますと、大部分が全くの不能者であり、それをカムフラージュするための劣等感の表れであると言います。

底をついてきたことが分かりましたら、貯水池の様に、節約して「間を十分に取って」、源泉を長持ちさせるようにすることです。

中高年に入っての「性の浪費」は、全ての意欲の源泉である「男性ホルモン」の枯渇を来し、仕事への意欲もなくしてしまうことになります。

また、無理をして、腹上または腹下で、あえなく最期を遂げることもあります。

40歳を過ぎたら、食も性も、仕事も、「腹八分」に留めることです。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP