腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「ほろ酔い」ならば酒も百薬の長となる②

「ほろ酔い」ならば酒も百薬の長となる②|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「ほろ酔い」ならば酒も百薬の長となる②

2019/12/31

酒はくつろいで、自分のペースで適量を静かに飲むべきです。

酒は、騒ぎながら飲みますと、とかく度を過ごしがちであり、度を過ごしますと、見境がなくなり、悪酔いすることになります。

これを、「酒に飲まれる」と言い、こうなったら、リクレーションどころか、逆効果になります。

アルコールは、抑制を取り、気が大きくなりますので、自分では、何でもスラスラできるように思いますが、テストをしてみますと、能率は精神的にも肉体的にも低下します。

ですから、仕事の途中には、絶対に飲むべきではありません。

どんな少量でも、自分では気付かないですが、目測が狂いやすくなります。

運転中の事故も、多くは、この「ほんのわずか」のアルコールのせいなのです。

アルコールの適量とは、「ほろ酔い」のところ(普通血中の濃度0.05~0.1%)にあり、それ以上になりますと、足元がふらつき、ろれつも回りにくくなります。

そして、血中濃度0.2~0.3%になりますと、アルコールの分解が途中で止まり、アセトアルデヒドができます。

これは、酔わせる力がアルコールの100倍近いですから、ほんの少しのアセトアルデヒドでも、酷く酔いが回って、酔いつぶれることになり、二日酔い、三日酔いを起こします。

ですから、「酒は微酔に飲む」べきです。

貝原益軒氏の「養生訓」には、酒の飲み方について、詳しく述べてありますが、「少し飲み、少し酔えるは、酒の禍でなく、酒中の趣を得て、楽しみ多し」と言い、それこそ「百薬の長、天の美禄」なのです。

ナイトキャップ(寝酒)も、微酔に飲めば、最良の「睡眠薬」にもなります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP