腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|頭をサビ付かせないために心掛けること②

頭をサビ付かせないために心掛けること②|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

頭をサビ付かせないために心掛けること②

2019/12/28

人間の大脳には、140億もの神経細胞があります。

頭を働かせていますと、それが発達刺激になって、神経細胞が繊維を伸ばし、そのいくつかが連絡して回路を作っていきます。

この回路がどんどんできていくことが頭の働きを良くし、つまり、脳が発達するのです。

大脳には、新皮質と古皮質の2つの部分があって、古皮質は幼児に発達するもの、これは外からの刺激によってどんどん回路を作っていきます。

新皮質は自ら意識や注意を集中し、よく考えることによって回路が作られるもので、20歳を過ぎてから、発達が盛んになります。

この後から発達する脳が「人間の脳」と呼ばれるもので、自分で思考し、熟慮することによって、40代から50代、60代と、どんどん発達していくのです。

これに対して、早く発達する方の脳は、「動物の脳」または「情動の脳」と呼ばれ、無意識的に、いわばひとりでに発達するものですが、20歳をすきますと、他の肉体(筋肉や臓器)とともに、放っておきますと発達は止まり、萎縮(老化)を始めます。

 

この続きは、次回に掲載します。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP