腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「聖なる日」には必ず休まなければならない「訳」①

「聖なる日」には必ず休まなければならない「訳」①|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 「聖なる日」には必ず休まなければならない「訳」①

「聖なる日」には必ず休まなければならない「訳」①

2019/12/24

レジャーと言っていもやり方は違い、普段の働き方によって、色々なものがあって良いのです。

例えば、パチンコにしても、忙しい人が無心でやるならば、心を沈め、身体を休める効果はあります。

ですが、景品を4つ5つも取ってやろうと、焦ってやれば、ますます心を煩わせ、職場の仕事の延長になって、「くたびれもうけ」になってしまいます。

座って仕事をする人は、立って歩くのが良く、頭を使う仕事の人には、身体を動かすべきであり、身体を労する職種の人は、頭を使うようにするのが良いです。

一般に、人によって、場合によって、レジャーの活用法は違うわけですが、いけないのは他人に引きずられ、自分の欲求やペースを乱してやることがあります。

これでは、リクレーションに逆効果になってしまいます。

ゴルフにしても、普段狭い部屋の人込みの中で、忙しい仕事をしている人が、野外の広い青空や芝生の中で、自分のペースで、打っては歩き、歩いては打ち、悠々とやるならば、こよないリクレーションになるわけですが、腕自慢や商品のためにやるならば、精神緊張が加わり、リクレーションどころか、ストレスを加重することになり、寿命を縮めることになるかも知れません。

 

この続きは、次回掲載します。 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP