腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|貝原益軒の教えは今でも生きている

貝原益軒の教えは今でも生きている|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

貝原益軒の教えは今でも生きている

2019/12/20

回数でよく話題になりますのは、貝原益軒の「養生訓」です。

「20代は4日に1回、30代は8日に1回、40代では16日に1回、50代では、20日に1回漏らします、そして60代では「精を閉じて漏らさず」とあり、40代、50代では、心細いほど少ないですが、「これは漏らす」回数であって、「交接する」回数のことではありません。

その次を読みますと、「もし体力盛んならば、60過ぎても月に1回漏らしても良いとのことで、気力の優れて盛んなる人、欲念を抑え、堪えて、久しく漏らさざれば、(鼠径部に)腫物を生ず‥」とあり、さらに「40過ぎて猶血気甚だ衰えざれば、情欲を立つことは、忍びが足るべし、忍べば返って害あり、(と言って)しばしば漏らさば大いに害あり」とあります。

ですから、「年40に至らば「房中の術」を行うべし、その大意は、40以降、血気(精力)ようやく衰うる故、精気(精液)を漏らさずして、しばしば交接すべし」と言っています。

今日では、昔に比べて、10年から15年も若くなったと言われていますから、年齢もそれだけ加えてみれば、参考になるのではないかと思われます。

要するに、性は人生最大の歓楽の一つであり、ともすれば過度に陥りますから、控えめにするに越したことはないでしょう。

あまり性的刺激に身をさらさないようにし、無理に抑え過ぎず、接するのは、しばしばでも良いですが、無理に放出しないでも良いというのです。

中年になったら、やはり食物と同様に、性も「八分目」に止めておくのが「適当」でしょう。

西洋では、「3つのW」‥wint(酒)、woman(女)、worry(心労)‥が、長寿の敵だと言っています。

これは、若い者にも、良くないものですが、40過ぎては、なおさらです。

ですが、絶対にいけないというのではありません。

「酒は百薬の長、延命の糧」と言って、適度に飲めば、長寿をもたらす、心労も適度にするのが良い、あまり心配事がなくなりますと、「安心呆け」が起こり、早く「恍惚の人」になるのです。

何の心配もないと、早く呆けてしまいます。

「女」とても、あまり抑えていますと、筋肉と同様に、「不使用性萎縮」を起こし、性機能もサビ付いて、、早く不能になってしまうと言われています。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP