腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「セックスは最大の健康法であり強壮剤」

「セックスは最大の健康法であり強壮剤」|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「セックスは最大の健康法であり強壮剤」

2019/12/18

性的興奮は、精神的にも肉体的にも、全身を鼓舞し、血液の循環を著しく促進させ、毛細血管を拡張させ、血流を良くします。

そのため血色を良くすると同時に、内臓の循環も良くなり、各臓器の機能を亢進させます。

性行為は、若い人では、20km歩いたくらいの労働に匹敵すると言われます。

中年者でも、呼吸の早まり、心臓の打ち数からみて、大体800mを懸命に走ったくらいのカロリーを使うと言われます。

ですから、動脈硬化や高血圧などの人は、あまり興奮しますと、心臓や脳の卒中を起こすことにもなりかねません。

健康な人でも中年者は、若い女性を相手にしたりして、見栄を張って無理をするのはよくないわけで、慣れた相手(奥さん)と、見栄を張らないで、無理なく行うべきです。

それでもかなりの良い運動になるもので、適当にやれば、「性行為は、最大の健康法であり、強壮剤でもあります」と、言われるゆえんです。

ここで、「適当」という問題になりますが、一般的には「事後によく眠れて、朝目が覚めて爽快であり、仕事の意欲が湧くように行う」というのが一つの目途です。

このことは、生理学的に見ても正しいのですが、実際に、セックスをどのようにして行う(1回の強さ、時間、時刻、回数など色々です)か、ということが問題です。

この適当な回数も、人によってそれぞれ違うのでありますが、一般的には、週に何回、ということが取り上げられます。

30代には、週4~5回、40代では、3回くらい、50代では2~3回、60代では1~2回、というように年齢とともに回数は減ってきます。

70代になっても、セックスは可能でありますが、回数は急に少なくなり、月1~2回になり、75~80歳の間に止まってしまうこともあります。

ですが、90歳以上になっても、睾丸の中に精子が生きていたという報告もあります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP