腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|タンパク質の摂り過ぎは不足よりももっと悪い②

タンパク質の摂り過ぎは不足よりももっと悪い②|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

タンパク質の摂り過ぎは不足よりももっと悪い②

2019/11/24

タンパク食品は、あまり固い獣肉よりも、柔らかい鶏肉や魚肉の方が良いわけです。

最も良いのは、穀物など、でんぷんで薄められている植物性タンパクで、しかもこれらには繊維やビタミンがあるので、腸の動きを促し、従って停滞もしません(例えば、卵などを玄米か半トウ米のおかゆに混ぜれば、病人食にもなります)。

タンパクは体内に入ってから、体組織をつくるアミノ酸となり、余ったものはアミノ基を離して、糖質や脂肪のようなカロリー源に変化していきますが、タンパクを摂り過ぎますと、余分なアミノ酸はみな脂肪となって、皮下や内臓に沈着するのです(これが太り過ぎを起こします)。

それだけならまた良いのですが、アミノ基は、アンモニアになって、これが有害なのです。

アンモニアは、炭酸ガスで中和されて尿素をつくります。

尿素は少量ずつなら尿として排泄されますが、多くなりますと、尿酸となって沈殿します。

これが関節や神経の周りに沈着しますと、痛風という関節の病気になります。

これは30代からの男性に多いもので、30年前には、日本には全然ない欧米の文明病と考えられていましたが、20年くらい前から、我が国でも急に多くなりました。

都会ではリウマチと言われるものの半分は、この痛風であるとも言います。

このように、タンパクは摂り過ぎると有害であり、また、一緒に摂るでんぷん質が少ないと、体内に入ったアミノ酸は、カロリーとして使われ、この時もアミノ基を先ず離して(脱アミノ作用と言います)糖質や脂肪に変化していきます。

そして、これを中和するために肝臓に負担が掛ることになります。

肝臓が悪くなりますと、顔などの皮膚にシミができます(漢方では、シミのことを「肝斑」と書き、シミが出るのは、肝臓の悪い1つの証拠であるとしています)。

このように、タンパクは、少なすぎてはいけませんが、多過ぎるのは、もっといけないわけです。

食物の総カロリーが十分であれば、「タンパクの最小必要量は、1日25g以下」で良いと言います。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP