腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|タンパク質の摂り過ぎは不足よりももっと悪い①

タンパク質の摂り過ぎは不足よりももっと悪い①|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

タンパク質の摂り過ぎは不足よりももっと悪い①

2019/11/23

「タンパク質所要量」‥1日にどれだけ摂ればよいか、かなりの安全率を見込んであります。

動物性タンパクから主に摂るアメリカ人では、体重1㎏当たり0.8g、従って、アメリカ人の成人男子は、平均体重70㎏でありますから、「1日の所要量はたんぱく56g」となります。

日本人の大きなタンパク源となっている味噌、豆腐などは、消化吸収も最良であり、魚肉も、タンパクとして、牛豚肉などよりはむしろ良いです。

しかも、肉類も、今日では、欧米人よりむしろ、良いものを多く摂っているのです。

こう考えてみますと、現在の日本人のタンパク所要量は、アメリカ並みにすれば、平均体重60㎏として48gで良いことになります。

多少の民族差を考えても、「タンパク1日50g」でたくさんでしょう。

タンパクは、多く摂り過ぎますと、色々な障害を起こします。

これがつまりは、近年、我が国に成人病(中年病、生活習慣病)が急増している大きな理由の1つであると見られます。

それは何故か?

タンパクは、消化に手間がかかり、腸内に長く停滞しますと(多量に摂りますと停滞しやすい)、分解(腐敗)が起こって、有毒物になります。

これが吸収されますと、普通肝臓で中和されますが、慢性化しますとしまいには肝臓が悪くなって、その有害物が、全身に回って行きます。

また、アミノ酸にまで完全に消化されないものが吸収されますと、アレルギー(喘息、蕁麻疹、神経痛など)を起こしたり、酷い時にはショック死することにもなります。

 

この続きは、次回に掲載します。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP