腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|米のタンパク質は卵や肉と同じくらい良質です

米のタンパク質は卵や肉と同じくらい良質です|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

米のタンパク質は卵や肉と同じくらい良質です

2019/11/22

タンパク質が欠乏しますと、成長は悪くなり、体格も小さく、体力もスタミナも衰え、気力もなくなり、病気にもなるのです。

このことは、戦時中から戦争後に掛けて、栄養失調相と呼ばれて、日本人は経験をしました。現在では考えられませんが‥。

昔から飢餓の時に、多くの人達が死んでいきました。

こんな時、肉や魚類を与えますと、奇跡的に助かったということも知らされています。

そこで、肉や魚(主成分がタンパク)は、飢餓で弱ったものにとっての『妙薬』とみなされていました(上杉鷹山の「かてもの」など)。

こんなことから、肉と魚と言えば「タンパク」のこと、そして、タンパクとは「肉や魚」のことと思い違いされているようですが、タンパクは、米や麦、豆や果物、野菜(実・茎・葉などすべて)にも含まれています。

一般に、肉や魚類のものを「動物性タンパク」、穀物や豆、野菜などのものを「植物性タンパク」と呼んでいます。

生きものの細胞を形作るのは、動物も植物も全て、タンパク質であり、動物性のものは、タンパクの含有量が、普通多く(18~24%)、植物性のものは(大豆は35%と多い)穀類では少なく(8~9%)、野菜果物類は1%前後です。

これは、一般に植物性のものは、でんぷん質が多く、特にビタミン類の様々のものが多く含まれているからで、タンパク質としては、あまり違いません。

以前は、牛乳のタンパク(カゼイン)が、最も良質であると決めて、それに比べて「タンパク価」を考えました。

それによりますと、肉類・魚類のタンパクは、タンパク価が高いので「良質タンパク」と呼ばれ、米や麦のタンパクは、その価が低いとみなされて調べもせずに「良質でないタンパク」とされました。

ところが、1965年にFAO(国連食糧農業機構)で、鶏卵の白身タンパク(卵アルブミン)の、発育や抵抗力への影響について調べたところ、牛乳のカゼインより良いことが分かり、これを基にして「タンパク価」が、大きく改訂されました。

と同時に、米のタンパクは、卵タンパク、牛豚肉や魚のタンパクと、ほとんど同じくらい「良質」である、ということも分かりました。

従って、「良質タンパク」とは、必ずしも、肉類や魚介類のものだけではないのです。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP