腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|病気も食生活に合わせて移り変わります

病気も食生活に合わせて移り変わります|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

病気も食生活に合わせて移り変わります

2019/11/21

我が国は、昔からの「魚食い民族」です。

戦後、敗戦のショックの上に食糧窮乏とあって、男性は痩せ体力がありませんでした。

女性は痩せてはいませんでしたが、元気がありませんでした。

ところがアメリカ人は、皆よく太っていて、見るからに「健康」威勢もよかったです。

それで、アメリカ人のようになるには、彼らの摂るような「良い栄養」‥「もっとカロリーを」「もっと肉や脂肪を」‥摂らなければならないと言われ出しました。

昭和39年の東京オリンピックの時、日本人選手は、身体はそんなに見劣りはしなくなりましたが、同じくらいの体格の外国選手に比べてスタミナが乏しく、予選で次々と敗れて行きました。

そのみじめな姿を、目の前に見せつけられてから、「やっぱり欧米人のような食事をしなければ、あんなに、スタミナの有る身体にはなれない、強くなるには、どうしても、肉や脂肪をうんと摂らなければならない」と言われることになりました。

こんなことから、高タンパク質が、一般に推進されるようになって、肉類の需要も多くなり、魚も、日本の近海でとれるイワシやサバなどの「安い魚」でなく、遠洋や外国でとれるマグロやヒラメ、サケ、マス、エビやカニなどが、牛豚の肉などとともに、多く食べられるようになりました。

この頃から、我が国でも、太り過ぎや動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病や痛風(代謝障害)、アレルギーなどの、それまでもっぱら欧米人に多く、欧米型の成人病(中年病、生活習慣病)と言われるものが、急に増加し始めたのです。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP