腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|心筋梗塞は「心臓の窒息」です②

心筋梗塞は「心臓の窒息」です②|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

心筋梗塞は「心臓の窒息」です②

2019/11/14

冠動脈に動脈硬化が起こり、血栓ができて起こる心筋梗塞は、そうはいきません。

運動や感情に関係なく、突然発作が起こり、横になろうが、静かにしようが、激烈な胸を締め付けるような痛みは、治まりません。

息苦しくなり、血圧は下がり、吐いたりもします。

そして、痛みは全身に及び、狭心症に効果のある血管拡張剤(ニトログリセリン)のトローチも効かず、モルヒネなどの麻薬でなくては、その痛みは止まりません。

発作は、30分~2時間、酷い時は一昼夜も続きます。

心筋梗塞は、発作後1~2時間以内に死亡する人が半数もあり、後の半数のうち2~3ヵ月で死亡する人が、その半数もあります。

一刻も早く完全な設備を持った病院に運ばなければなりません。

最近はCCU(冠動脈疾患・強化治療室)を備えた病院も増えてきていますので、心筋梗塞の発作を起こした人も、早期に退院し、社会に復帰できる場合も多くなりました。

しかし、何よりも、こんな恐ろしい病気にならないように、予防しなければなりません。

因みに、心臓発作で倒れることを、一般に「心臓卒中」と言いますが、もう一つ「脳卒中」というものがあります。

これには、脳を養う血管が、動脈硬化を起こして、その血管が破れて出血して起こる「脳出血」と、脳の血管が血栓のために詰まって、突然倒れる「脳梗塞」とがあります。

30年前までは、我が国では、脳出血がほとんでありましたが、この頃では、脳卒中と言えば、大抵が脳梗塞です。

脳梗塞は、心筋梗塞の場合と全く同様な動脈の病変によって起こるもので、いわば欧米型の病気なのです。

生活の欧米化と密接な関係が見られます。

 

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP