腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|心筋梗塞は「心臓の窒息」です①

心筋梗塞は「心臓の窒息」です①|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

心筋梗塞は「心臓の窒息」です①

2019/11/13

この心臓死は、一体どういう経路を通って起こるのでしょうか。

心臓は、大動脈の根本から出る左右の冠動脈(左のものは、回旋枝と左前下行枝に分かれますので、計3本の細い動脈からなります)が、動脈硬化を起こし、血管が狭くなるのが「狭心症」です。

また、血栓(血が固まったもの)などで血管が詰まって、そこから先へ血流が流れなくなりますと、酸素不足、栄養不良になって、その部分の心臓の筋肉が死んでしまい「心筋梗塞」となります。

冠動脈は、太いところでも、直径はわずか2~3mm、心臓を冠状に取り巻いているこの2本の動脈が『寸時も休まず』ポンプ活動する心筋に、エネルギー源となる栄養を供給し続けています。

この動脈が硬化を起こし、酸素が供給されなくなりますと、心臓は30秒も持たなくなります。

心筋梗塞は、つまり心筋そのものを養う動脈の閉塞であり、「心臓の窒息」であるわけです。

冠動脈は、精神衝動などでも細くなりますので、血液の流量が少なくなり、酸素の供給のバランスが崩れます。

安静にしておけばよいのですが、急に激しい運動をしたり、興奮したりしますと、心筋が必要とするだけの酸素が供給できなくなりますので、不完全燃焼を起こし、心臓のけいれん発作が起こります。

胸全体が締め付けられるように痛むので、「狭心症」と言います。

発作が起こった時、安静にしていれば、2~3分で発作は鎮まるものです。

 

この続きは、次回に掲載します。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP