腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|肺と心臓で走る

肺と心臓で走る|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

肺と心臓で走る

2019/11/02

脚は、ただ身体を支えているだけではありません。

脚は立っているだけでも、神経や筋肉が使われており、そのために、脚の血の流れも良くなり、全身の循環を新しくします。

また、歩く時には、脚の筋肉だけでなく、腕や胴体の筋肉、さらに多かれ少なかれ、全身の筋肉が共同して働きます。

そして、呼吸も弾み、心臓の打ち方も速くなります。

走る時には、筋肉系だけでなく、呼吸・循環系も大いに働くのです。

スポーツ生理学の大家、シュミット博士が、「肺と心臓で走る」と言っていますのは、まさに至言なのです。

中高年の衰えの兆しは『歯・目・マラ』と言われますが、もう一つ、『脚』の弱ることが、この頃では付け加えられています。

それは、省力化の今日、脚の使い方が少なくなったからです。

脚の筋肉が、「廃葉性萎縮(使わないと衰えること)」を起こさないためには、1日に少なくとも『1万歩(1時間半、約6km)』は歩く必要があるということになっていますが、意識しないでいますと、普通の人で6,000歩から5,000歩、管理職のビジネスマンでは、3,000~2.000歩というように少ないです。

この脚を使わない‥歩かないということは、脚の筋肉だけでなく、実は心臓や肺を使はないことになります。

したがつて、脚が弱ってくることは、心臓・肺(循環・呼吸)も弱っていることを示していることになります。

そんな訳で、中年に起こる脚の弱化は、老化が全身に起こり始めたことを、如実に示すわけです。

逆に、脚がしっかりしているのは、全身がしっかりしていることの証拠になり得るのです。

このようなわけで、「老化は脚から」「健康は脚から」といわれ、ゴルフなども歩く要素が多い点が注目されています。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP