腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「長生きの元」をつくる

「長生きの元」をつくる|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「長生きの元」をつくる

2019/11/01

運動を続けている人達は、体協の調査によりますと、気分爽快(73、5%)、丈夫になった(74、5%)、体力増加(74,4%)、よく眠れる(76,9%)、食事が美味しい(79,5%)、風邪をひかなくなった(73,7%)、快便(39,3%)という効果があると言われています。

最近のトリム運動(船のバランスをとる造船用語からきており、ノルウェーのバイキング達が、暴風雨に耐えて生き抜くために、という意味が込められています)も、ハウジニ-モがノルウェーのの国民を、現代病(成人病:中年病・生活習慣病、体力低下)から救うために、『トリム』という新語を作って、『心身のバランスを強化する』ための運動を指導したことに始まります。

今日の人は、運動不足がますますひどく、健康は蝕まれ、成人病(中年病、生活習慣病)が多発しているのですから、運動することは絶対必要です。

貝原益軒氏は、その著「養生訓」の中で、身体を動かすことが、健康で長生きをするために必要であり、「身体は勤労すべし」と言って、日々まめに(心と身体を1つにして)働くべきことを繰り返し述べています。

総論(上下)で

「身体は日々少しずつ労働すべし、久しく安座すべからず‥‥毎日飯後に、必ず庭園のうち、数百歩静かに走行すべし、雨中には屋内のうちを幾度も徐行すべし」

「家にいて、時々我が体力を辛苦せざるほどの労働を成すべし、、我が起居のいたつかはしきを苦しまず、室中のこと、 しばしばみづからたちて、我が身を運用すべし」と言っています。

これは中国医学の古典に則ったもので、華陀の「人の身は労働すべし、血脈流通す」や呂氏春秋の「流水は腐らず、戸枢は蝕まず」や、千金方の「養生の道、久しく行き、久しく座し、久しく臥し、久しく視ることなかれ」などを引用して、これらの自らの体験を通して述べてあります。

そして、家業に精励し、まめに働くことが、養生の要訣であると言います。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP