腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|手関節の支帯及び手掌腱膜

手関節の支帯及び手掌腱膜|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

手関節の支帯及び手掌腱膜

2019/10/15

屈筋支帯は手関節の掌側面、屈筋皮膚線の直ぐ遠位に位置します。

その横行線維は長掌筋腱の深層、他の屈筋腱と正中神経の浅層にあります。

屈筋支帯と手根骨は手根管を形成し、管の中を屈筋腱と正中神経が走行します。

薄い屈筋支帯を分離することは難しいですが(より深層に位置する腱と直角に交わります)、横行線維が屈筋支帯を見分けるのを助けます。

また、支帯が「堅い」場合、手関節前面の組織は屈曲し難しいです。

分厚い手掌腱膜は、手掌を横切るように浅在して広がる前腕筋膜と連続しており、長掌筋膜の付着部となっています。

足底にある足底腱膜と同じような形状です。

屈筋支帯と同様に触診するのは容易ではないですが、手掌腱膜の張りを触知することはできます。

伸筋支帯は皮膚近くにあり、手関節側面に位置します。

屈筋支帯と同様に筋膜の肥厚部であり、手関節を横切るように広がる横行線維を有し、下層の骨に付着します。

伸筋支帯は手関節と母指伸筋を安定させます。

幅はおよそ約2cm、尺骨頭と橈骨茎状突起の遠位にあります。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP