腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「ちょっと一服」は仕事の能率を高める②

「ちょっと一服」は仕事の能率を高める②|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「ちょっと一服」は仕事の能率を高める②

2019/10/12

新しい研究によりますと、2時間に10分か15分かの休息は、疲労回復に最も効果的で、また、前の仕事を安易に続けられますが、30分以上休みますと、休み癖がついて、次の仕事に入るのに骨が折れ、能率が悪くなります。

ですから中休みは、オフィスの仕事では15分、肉体的な仕事でも30分くらいが限度であるということです。

「ちょっと一服」と言いますのは、仕事の能率を上げるために大切なことですが、それは2時間に「一服」というのが適度です。

従って仕事中にやたらお茶を飲んだり、タバコを吸ったりというのは、休みが重なり、度々中断されますので、仕事が細切れになって能率も上がらないということです。

『仕事中には、お茶もタバコも飲まない』と言いますのはいいことです。

だからと言って「一服(中休み、あるいはコーヒーブレーク)」もしないで、抜きんでて忠勤に励もうとするのは、馬鹿げたことでもあります。

頭のいい経営者ならば、午前10時頃と午後3時ごろに、一服する時間を設けるでしょう。

そうすれば、規律も良くなり、社員のだれもが、身体の調子も良くなり、気持ちよく張り切って仕事をするであるろうし、全体として仕事の能率も上がり、会社が発展していくこと必定です。

お茶やコーヒーの作用は、その成分のタンニンやカフェインの薬物的作用よりも、実は休息(息抜き)の効果の方が大きいのです。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP