腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|とにかく歩け、とにかく走れ

とにかく歩け、とにかく走れ|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

とにかく歩け、とにかく走れ

2019/10/31

人間の身体的老化は20代から始まります。

中でも脚力の衰えは身体の中で一番酷いです。

走ることによって脚力の衰えが防げるのは勿論ですが、心臓や肺の機能も高まり、動脈硬化を防ぎ、成人病(中年病、生活習慣病)の予防となり、健康と長生きに効果があります。

このことは、多くの人達が知っていることなのですが、いざ実行になりますと、男子40%、女子50%ぐらいの人が、1年間に4km以上続けて歩いたことがなく、1km以上を走った経験のある人は、男子で30%、女子では15%くらいに過ぎない、と言います。

走る人が多くなったとはいっても、まだ少ないのです。

走る人達は、長距離(5~10km、30~60分)走り、同行の仲間と1年を通して週3回くらい、早朝、道路または公園というパターンが最も多いです。

その効果としては、食事が美味しい、よく眠れる、体力が増強された、健康になったとほとんどの人が言っています。

そして、走っている人達は、みな生涯続けたいと言います。

運動不足が恐ろしいのは、太り過ぎだけでなく、心臓病、糖尿病などの成人病(中年病、生活習慣病)を誘発しますし、スタミナ、抵抗力も衰えていくためです。

現代人の死因の70~80%は、つまりは、「運動不足病」だとみなされるのです。

成人病(中年病、生活習慣病)に対しましては、薬や食事に頼る人が増えてきましたが、これは一時的な対症療法に過ぎません。

もっと積極的な治療・健康法は、この運動不足を解消する(身体をもっと動かす)ことでなければなりません。

体操やウォーキング(散歩)=歩く、ゴルフ、テニス、水泳などをすべきであります。

歩け歩け、走れ走れも、無理をしなけれは結構です。

倒れたり、死んだ人まであって、『マラソンは危険』などと騒がれたりしましたが、軽く走り、苦しくなったらすぐやめることです。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP