腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「まとめ・ドカ食い」は「力士体型」への最短距離②

「まとめ・ドカ食い」は「力士体型」への最短距離②|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 「まとめ・ドカ食い」は「力士体型」への最短距離②

「まとめ・ドカ食い」は「力士体型」への最短距離②

2019/10/29

朝食と夕食のどちらかに重点を置くかということも、太る、痩せる、と関係があります。

朝食に重点を置いて食事をしますと、同じ量を、夕食に重点を置いて食べるのに比べて、太り方は少ないです。

この逆に、欧米の食事みたいに夕食に重点を置いて食事をしますと、より太ります。

それは何故か。

動物は体内に、『昼と夜のリズム』を持っています。

これを「バイオリズム」(生命のリズム)と言います。

昼間に活動し行動する動物(昼行動物)は、夜間には休息的になり、睡眠します。

これに対して、夜行動物は、その逆で、ネズミやフクロウなどは、夕方から夜間に活動的になり、昼間はあまり活動しません。

この昼夜のリズムを、膵臓のホルモン(インシュリン‥Iとグルカゴン‥Gの2つがあります)についていえば、夜が明けて昼間になりますと、Gのグルカゴンの分泌は盛んになり、夜から朝にかけては、Iのインシュリンの分泌が盛んになります。

Gのグルカゴンは、体内に蓄えられたエネルギーを遊離しやすくする働きがあり、Iのインシュリンは、その反対に食物を定着させる働きがありますので、朝食を多くとっても、体内に定着するよりも、エネルギーとしてより多く放出されます。

これに対して、夕食を多く摂りますと、体内に定着しやすいのです。

従って、朝食を多く摂っても太りにくく、夕食を多く摂れば太りやすい、というわけです。

それから、肥満者は、特定の者ばかりを多く食べる傾向がある、ということも明らかにされています。

また、ストレスや欲求不満の多い今日、その代償としての過食・偏食が、肥満の原因にもなります。

アメリカでは、スラム街ほど肥満者が多いですが、これは、食生活が豊か過ぎるということよりは、欲求不満などからの過食・過飲、そして好きなものばかり偏食して、栄養のバランスから代謝障害を起こしているためと考えられます。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP